耳垢の臭い|現役看護師が解決法を教えます!

耳垢の臭いの解決策は

湿った耳垢の臭い

自分の耳垢が臭いことに悩んでいる人はいませんか?日本人の約85%が乾燥した耳垢ですが、残りの約15%は耳垢が湿っている体質の人です。乾燥している耳垢は無臭ですが、湿った耳垢はにおいを発することがあり、そのにおいに悩む人もいると思います。なぜ湿った耳垢は、臭いのでしょう?

 

耳垢の臭いの原因|アポクリン腺

耳垢が湿っている原因は、アポクリン腺からの汗です。アポクリン腺とは汗を出す汗腺のことで、耳垢が湿っている人は、耳の中のアポクリン腺が多く、活発に働いているんです。アポクリン腺からの汗は、たんぱく質や脂質、アンモニアを含んでいるので、においがきついという特徴がありますので、アポクリン腺の汗を含んだ耳垢が臭いのは、当然と言えるでしょう。また、湿った環境では雑菌が繁殖・分解しやすいので、このことも耳垢のにおいの原因の1つになっています。

 

湿った耳垢が臭いのは、アポクリン腺からの汗が原因なので仕方ないことですが、それでもやはりにおいは気になりますよね。自分が周囲の人に臭いと思われていないか、迷惑がられているのではないかと心配になってしまうと思います。

 

耳垢の臭い対策

耳を清潔に保つ

耳垢のにおい対策として、一番効果的なのは耳を清潔に保つことです。雑菌が繁殖している湿った耳垢が溜まっていたら、そこからが悪臭が発生しますよね。過度な耳掃除は外耳道を傷つけたりしますので、注意しなければいけませんが、においの元である耳垢はしっかり取り除いておきましょう。湿った耳垢の人は、耳かきではなくめん棒を用いて耳掃除をすると良いですよ。また、耳掃除の後に、消臭・殺菌効果のあるラベンダーオイルを希釈して、めん棒を用いて薄く塗布しておくと効果的です。

 

食生活の改善

また耳垢のにおいを押さえるためには、アポクリン腺の活動を抑制させるのも良いでしょう。アポクリン腺は、肉類など動物性たんぱく質や脂質を多く取ると、活発に働くというデータが出ています。そのため、野菜や豆類、魚中心の食生活に切り替えることも、耳垢のにおい対策には有効ですよ。

 

耳を清潔に保ち、食生活も見直したけれど、まだ臭いが気になる人は、ローズなど抗酸化作用があるサプリメントを用いることをおすすめします。抗酸化作用によって汗の臭いを抑えることができますので、耳垢の臭いも少なくなるでしょう。

 

「病気」に注意

耳垢のにおい対策をご説明してきましたが、注意しなければならないのが、中耳炎や外耳道炎などの病気で耳垢が臭くなっている場合です。中耳炎になると、耳だれ(耳漏)が出てくることもありますが、耳だれはいわゆる「膿」ですので、強い臭いを発します。放っておけば悪化して、難聴の原因にもなり兼ねませんので、何らかの病気の疑いがあるときは、早急に耳鼻科を受診することをおすすめします。

 

 

参考サイト

看護師の転職における考え方やスムーズな転職の仕方などを解説しています。どうすればよりよい待遇・環境の職場が見つかるでしょうか。また新しい人間関係の良好な発展のコツとは?
「看護師が転職する場合にやっておくべきこと」